手汗 止める 方法 対策

手汗を止める方法と対策をご紹介します。
MENU

自立神経失調症が手汗の原因に

たくさんの神経が入り混じっている人間の身体。
その神経に刺激が与えられることで、予想もしない形となって身体と精神に影響が出てしまうのです。

怪我をすると痛みがあるのは当然ですね。
なので理解出来る範囲内ではるものの、それ以外の場合だと、
身体に起こる異常が、神経が理由になっているとは判断が難しい場合も。


手汗と自律神経失調症との関係は

自律神経というと、食物の消化や生殖、体温調節、呼吸、血液循環
というものがすぐに思いつくものですね。
実は発汗などといった身体の機能をコントロールする働きもあるのです。

残念ながら、意志によってのコントロールが出来ないのが自律神経。
この変化によって様々な病気を引き起こしてしまいます。
手汗が起こるのは、自律神経にある、「副交感神経」と「交感神経」
この二つの調和が乱れることが原因です。


交感神経と発汗の関係性は

交感神経が反応を起こすことで発汗します。
通常であれば、運動、極端な興奮状態や緊張といったことで反応します。

交感神経の働きレベルによって、汗の分量を調節しているのですが、
交感神経の働きが大きくなるほど、発汗の量が増えていきます。

上記のことから、交感神経の動き→手汗ということがわかります。
交感神経の動静で起こる手掌多汗症とは違う、
活性化が激しすぎることで精神性発汗というものがあります。

精神性発汗の場合は、リラックスして、緊張が解けていけば治まっていきます。
ですが、手掌汗症だと、交感神経が乱れていることが原因のため、
乱れを正しくしないと、勝手に改善していくことはないのです。

精神性発汗は単純に考えて大丈夫かもしれませんが、
交感神経の乱れなどを正すためには、心療内科などの専門の医師に
診てもらわないと、自力ではコントロール出来ません。

もし、手汗を抑えることができない場合は、自律神経失調症の可能性もあるので、
一度病院で診てもらうのもいいかもしれませんね。

このページの先頭へ