手汗 止める 方法 対策

手汗を止める方法と対策をご紹介します。
MENU

手汗対策のあれこれを紹介

ここでは手汗対策の方法を色々と紹介していきます。
医療機関に出向かなくても出来るものがメインです。

 

制汗用品で軽い手汗を制御する

制汗用品には、スプレーやパウダーを含有したクリームなどのタイプがあります。
ドラッグストアは勿論ですが、コンビニエンスストアでも購入可能です。

 

ただ、これは医薬品ではありませんから、
手汗を根本的にどうにかできるわけではありません。
それに、長期間手汗を抑えたままにする事もできません。

 

ですから手汗の量が異常に多い場合は、
制汗用品を使用しても焼け石に水になると考えましょう。

 

ですが、ちょっと気に掛かる程度の手汗にパパッと用いるのであれば、
かなり便利です。制汗用品は小型のものが大半ですから、
常にカバンに入れておくのも良いでしょう。

 

ツボ押し

精神的な緊張も手汗の誘因となります。
そして、このようなケースではツボ押しで手汗の量を減らす事が可能です。
親指と人差し指の付け根くらいにある「合谷(ごうこく)」を、ゆっくり押し込みましょう。

 

ただし、即効性はあまり望めませんので、
まずはふと思いついた際や職場の休憩時間等に押して、
ツボを押すこと自体に慣れ親しんでいきましょう。

 

押す頻度が増えれば、手汗のトラブルに見舞われる事も少なくなっていくはずです。

 

ミョウバン溶液を使う

ミョウバン溶液で手汗をある程度抑制する事が可能です。
使い方は単純で、適量を掌に塗布するだけです。

 

作り方

ミョウバン50gと水1500tを混ぜる。それをさらに50倍に希釈する。

 

もちろん、比率さえ守っていれば50gや1500tという数値にこだわる必要はありません。
例えば、25gと750tなどでも構いません。

 

塩化アルミニウムを塗布する

塩化アルミニウムを塗布すると、手汗を制御できます。
しかし薬品に該当しており、痒みやかぶれを誘発しかねないので、
皮膚科などでアドバイスを受けてから出してもらったほうが無難です。

 

漢方薬を飲む

即効性は望めませんが、手汗が出にくい体質に近づけていってくれる漢方薬も存在します。

 

・桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう)
・紫胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

等が手汗の改善に役立つとされています。

 

食生活の改善

体質のせいで手汗が多いというのであれば、
食生活を変えると事態が好転する場合があります。

 

まずは、脂肪分の多い食事や、香辛料の多い料理などを食べる頻度を
減少させていきましょう。香辛料についてはイメージがつきやすいかもしれませんね。

 

逆にどんどん食べるべきなのは、大豆系の食品です。
豆乳、豆腐、納豆などよりどりみどりなので、
飽きずに食べていくことが可能なのではないでしょうか。

 

注射、器具、手術

まず、ボトックス注射ならば、ほとんどの場合で手汗を和らげる事が可能です。
そして、手汗を和らげる器具も存在します。

 

さらに、交感神経を切除してしまうような手術も存在します。
交感神経は手汗の誘因であり、それを元から絶つのですから大幅な改善が望めます。

 

しかしその分危険性も大きいですから、色々な対策を試した上で、
本当にどうにもならなかった時にのみ検討してみて下さい。

 

なんにせよ、自己判断はせず(できないと思いますが……)、
医療機関でプロの判断を仰ぎながら、方針を決めていきましょう。
脇汗 止める

このページの先頭へ